無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16話
〜夜中の1時半〜
俺はずっとそばについていた。
そしたらもぞもぞ動いてる気がして
ユンギ
起きたのか?
頷くその子
ユンギ
お前熱すごいからまだ寝てな。
俺そばにいるから
○○
あ、ありがとうございます、
ユンギ
ん。おやすみ
初めてその子が喋って俺はなんだか嬉しかった、
ゆっくり寝ろよ俺はここに居るから
















〜朝の10時〜
テヒョン
ひょーん!
ジミン
ひょーーーーーん!!!
グク
ヒョン!起きて!
ユンギ
んー、なんだようるさいな
ジン
もう10時なんだから起きな!
ナムジュン
この子熱大丈夫かな?
ホソク
中々起きないよね、
ユンギ
あー夜中に1回起きてたぞ
テヒョン
ほんと!?
ユンギ
ああ
ジミン
でもまだ体あついよ?病院つれてこ?
グク
それがいいと思う!
ユンギ
あーじゃあ俺行くよ
ホソク
俺も行く!
ジン
じゃあ2人に頼んだわ!
朝ごはん作ってくる!
テヒョン
おーい!(。´・・)σ゛ツンツン
ジミン
あ、起きた!!
ユンギ
おいやめろよびびってるだろ笑笑
ホソク
熱ひどいからさ?病院行こ?
ホソクがそう言ったら頷くその子
ユンギ
じゃあ行くか
グク
行ってらっしゃいヒョン達!
気をつけてねー!
ホソク
わかってるよー!
俺はその子をおんぶして家を出た