無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第143話

142話
ジンside
○○達が屋上をでて俺とユンギそしてソユンの3人が残った
ユンギ
お前は行かねぇのかよ
ソユン
はやく行ってくれませぇん?
ユンギオッパとラブラブしたいんですけどぉ?
ジン
うん。すぐ行くから、思う存分いちゃつきな?
だけどユンギこれだけは忘れんなよ
俺はユンギの胸ぐらを掴んだ
ジン
○○を傷つけたお前を許さない
だけど○○を守れるのお前だけだからな
ユンギ
…っ。
ジン
あとソユン。そんなことばっかしてたらいつかお前も痛い目みるからな
ソユン
なにいってんですかぁ?
俺は無視して屋上を出た


ユンギがなんの理由もなく○○や俺たちを裏切るわけがない


なにか理由があるんだろ


だけどなんでその選択にしたんだ?


他にも選択肢はたくさんあっただろ


○○を守れるのはお前だけなんだぞ