無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第123話

123話
ジンside
病院につきすぐ先生に見てもらった
先生
蹴られた所は傷口と違うところだったので大丈夫です。
ジン
じゃあ血をはいていたのは?
先生
今は元々弱った体だったので壁にぶつかった衝撃でだと思います。
内蔵が破裂しているとかではないので大丈夫ですよ!
ジン
よかった…
先生
○○さんはいつもの病室で寝ていますよ。
もう治らないかもしれないので少しでも長く一緒にいてあげてください。
え、なにそれ
ジン
それってどうゆう意味ですか?
先生
あれ。○○さんから聞いてないですか?
ジン
はい…
それから先生に○○ががんだということを教えてもらった


もう何もかも嫌になった


ただ○○のいる病室に向かって歩いた


手術しなきゃあと2年?


ふざけんな


○○は俺達とこれからずっと一緒にいるんだ