無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第112話

112話
ジンside
ジミン
テヒョナー!○○ー!きったよー!
グク
○○の好きなお菓子かってきたよ^^*
ジン
○○、テヒョナ元気ー?
○○
わーい!みんなきた!
テヒョン
え、ジンヒョンどうしたのその傷…
あ、やべそのままできちゃったよ…
ジン
あ、これ?階段で転んだんだよ笑笑
ジミン
そうなんだよ!ヒョンどじだよね笑笑
○○
あ、そーなの?オッパ気をつけてよ!
よかった気づいてないみたいで
○○
今日もユンギオッパとホソクオッパは…
グク
ごめんね○○。
すごく悲しそうな顔をする○○


テヒョナは○○の頭をポンポンしていて
テヒョン
大丈夫だよ。
ごめんね。○○テヒョナ。
俺がだめだめなヒョンだからこんな事になってるんだよ…
先生
今から○○さんとテヒョンさんの検査しますねー!
ジン
あ、はい!よろしくお願いします!
検査か…何もないといいけどな。