無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第79話

79話
夕方
テヒョンside
テヒョン
○○ー暇だね
○○
んね。オッパ達遅いね
テヒョン
起き上がることも痛くてできないし
○○
視界が白しかないよね笑笑
テヒョン
それな!


○○とくだらない会話をしていたらドアが開いた
ヒョン達かな?
○○
オッパ達かな?
テヒョン
そうかもね。
ジンヒョン達遅いよー
グク
……。
ジミン
俺たちだよ
テヒョン
え?ジミナとグク?
○○
え…。
グク
テヒョナよかった。無事で
ジミン
ほんとによかった
テヒョン
ありがとう。心配かけてごめんな
グク
いいんだよ。
ジミン
○○。
○○
来ないで。
○○怖いんだ
そりゃあそうだよな
グク
え?
○○
また私を殴るの?
テヒョン
ジミナ。グク今日は帰って
俺達も昨日目覚ましたばっかだから疲れてる
ジミン
ごめん。わかった
テヒョン
○○。大丈夫?
俺は重たい体を動かして○○の方を見た
○○
大丈夫。
○○は涙目で震えている


○○との距離はわりと近いから
テヒョン
○○。手貸して
○○
え?
俺は○○の方に手をのばして優しく握った
テヒョン
これでもう大丈夫だよ
○○
ありがとうテヒョナ
テヒョン
○○。眠くない?
○○
眠い
テヒョン
俺も。一緒に寝よ
○○
うんおやすみテヒョナ
テヒョン
おやすみ○○
○○。大丈夫
いい夢見なよ