無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

35話
テヒョン
なーんて言うとでも思った?笑
○○
え?
ジミン
こいつ馬鹿じゃね?笑
何信じてんのうける笑笑
ナムジュン
僕らがお前なんかに謝るわけないだろ
グク
うわーびっくりした顔してるうける笑笑
ジン
けっさくだね笑笑
あー。信じた私が馬鹿だった。





それから2時間ずっと殴られて蹴られてひどい事を言われた。
グク
ヒョンもういいでしょー。俺疲れた
テヒョン
そうだねー
ジミン
あーいいストレス発散道具だわ
ジン
ほんと早く死ねばいいのに
ナムジュン
死んだらストレス発散道具なくなるじゃなですかー笑笑
ジン
あーそれは困るねー
それぞれそんなことを言いながらリビングからでてく。
○○
私って生きてちゃ駄目なのかな泣








ユンギオッパ。ホソクオッパ。
ごめんなさい
私はもう無理です、この家をでます
一緒に頑張れなくてごめんなさい。