無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第162話

161話
ユンギside
グクが部屋に戻ってきた
テヒョン
ジンヒョンは?
グク
いるよ!ジンヒョン隠れてないででてきてよ!
グクが気まずそうな顔をしたジンを連れてきた
テヒョン
あ、あのヒョン。
ジン
大丈夫。みんなの気持ちもわかるから、ごめんな
ジンはどこまで優しいんだろう


いつも馬鹿なことばっかしてんのに


こうゆう時はしっかりしてる長男だよな


同じ歳なのに俺なんかよりずっとしっかりしてる
ユンギ
ジン。ごめんな
テヒョン
ごめん。ヒョン。
ジン
大丈夫!
だけど○○が俺に言ってたんだよ、
みんなには笑っていてほしいって
テヒョン
え…
○○そんなこと言ってたのか、


俺は○○を裏切ったのに、
ジン
あとさ昨日見つけたんだけど○○こんなの書いてたんだ
そう言って見してきたのは
ユンギ
手紙…?
ジン
うん。だと思う
1人1人にあるよ
ジミン
○○…
どんなことが書かれているんだろう


俺は見るのが怖くなった


「嫌い」とか「裏切り者」そう書いてるんじゃないかって思って
怖いけど見てみようと思って封筒をあけた


書かれていた内容は目を疑うものだった