無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第158話

157話
ユンギside
あれから何時間たったのかな
俺とテヒョナとホソクはずっと泣いていた
ジン
もう泣くなよ〜!○○が戻ってきた時笑われるぞ!
ナムジュン
そうだよ!
テヒョン
だって…涙が勝手に…
テヒョナの声と同時に手術室のドアが開いた
ジミン
○○!
先生
○○さんはよく頑張りました。
あとは目を覚ますのを待つだけですよ
ユンギ
ありがとうございます…
○○を見るとベットに横になっていて辛そうな顔をして眠っていた
看護師
病室まで一緒に行きますか?
ユンギ
はい。
みんなで○○と一緒に病室に向かった
看護師
それでは。
看護師さんが出ていくとみんな○○に駆け寄った
ホソク
○○…辛そうな顔してる
テヒョン
ユンギヒョン…○○の手握ってあげてください
ユンギ
あ、うん。
俺はゆっくり優しく○○の手を握った
ユンギ
大丈夫だぞ○○。俺達がそばにいる
そう言うと○○の表情が柔らかくなった気がした
ジン
○○…はやく起きなよ?みんな待ってるからさ
そうだよ○○。待ってるからはやく起きろよ


ちゃんと目を見て謝るから


愛してるって伝えるから__