無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

37話
ミンギュside



○○が大変だ。
俺はなんでこんな必死になってるか自分でもわからない
ミンギュ
おい!!スングァン!起きろ!
スングァン
んー?なにー?ヒョンー
ミンギュ
○○が大変なんだ!起きろ!
スングァン
え!?○○が!?起きた!
ミンギュ
ごめん。急いで準備して
そしてヒョンも急いで起こして
○○の家に向かった
スニョン
○○がどうしたの?
ミンギュ
話は後ででいいですか?ヒョン。
スニョン
おう
どうか。○○が無事でありますように。








___________
スングァン
ミンギュヒョン!
ここです!!
ミンギュ
○○は!?そこら辺にいない?
スニョン
いや。いないよ
連絡をとったのは1時間前。
外にいないってことは…
ミンギュ
まさか!!
スングァン
あ、ヒョン!!まって!
俺は玄関に走った

インターホンをおそうとする。

けどその手をスニョンヒョンがとめた。
スニョン
おい。なんか聞こえねーか?
スングァン
あ、ほんとだなんか聞こえる
スニョン
ミンギュ。ドア開けてみて
ミンギュ
わかった
俺は覚悟を決めてドアを開けた









そこには
○○を殴っているグク、ジミン、テヒョン
抵抗もせず泣いている○○

















こいつらなにやってんの?