無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第122話

122話
テヒョンside
ユンギヒョン相当辛かったのかな


今のヒョンはもう昔の優しかったヒョンじゃない


でもさっきの辛そうな顔が忘れられない
ホソク
ねえ!テヒョナ!○○は!?
テヒョン
ヒョン落ち着いて!
ナムジュン
ホソク大丈夫だよ!
今ジンヒョンが病院に連れてってるから!
ホソク
そっか…じゃあ俺も病院行かなきゃ
ナムジュン
ホソク今は家にいよう?ジンヒョンから連絡がきたら行こう
ホソク
わかった…
ホソクヒョンもまだ精神が不安定なのかすごくあせっている


○○。大丈夫かな
ジミン
あれ?テヒョナ達もう来てたの?
グク
○○とジンヒョンは?
ナムジュン
それは…
ナムヒョンが全部話してくれた
グク
え、○○は!!
ナムジュン
まだ連絡がきてないからわかんない…
グク
そんな…
きっとみんな同じ気持ちなんだと思う


もう○○を失いたくない


なんで○○ばっか辛い思いするの?