無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第66話

66話
ユンギside
ホソクの気持ちもすごくわかる。
けど許す許さないを決めるのは○○だ

○○は裏切られてもテヒョナ達を愛してた

俺達が突き放してはいけないと思った
ジン
テヒョナとナムジュンだけ○○を信じたの?
ナムジュン
そうなんですよ。
ユンギ
あとの人はどんな反応だったんだ?
ナムジュン
酷いことを言って笑っていました
やっぱりな。そんなことだろうと思った
ジン
そっか…
ナムジュン
○○が病院にはこばれたと聞いた時テヒョナは泣いて心配していました、なのにそれすらも笑ってばかにしてました。
ユンギ
どこまで最低なんだよ
ナムジュン
ソユンは死ねばよかったのに笑って言ってました。
ジン
はぁ。もうほんとに腹たってきた
あいつら絶対許さない。


だけど俺が1番気になるのは
ユンギ
テヒョナ。大丈夫かな
ジン
え?
ユンギ
や、あいつ○○は俺のせいでって追い込んで辛そうだったから
ナムジュン
テヒョナ。昨日も言ってました俺のせいだって
ジン
テヒョナ…


なにか嫌な予感がする

なにもないといいけどな