無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第75話

75話
ジンside
ナムジュン
○○とテヒョナ気使ってくれたんだろうな
ホソク
でもよかった!目覚まして
思い出しただけで泣けるよー泣
ユンギ
帰ったらソユン達いんのかな?
ホソク
いたら休めないじゃん最悪…
ジン
ジミナ達に報告しないとな
報告したところでテヒョナのは喜ぶけど○○のことは残念がるだろう。

いつからこんな風になったんだよ



ガチャ
ソユン
あははは。うける笑笑
トユン
それな笑笑
ドアを開けたらあいつらの笑い声

なんでジミナとグクも家にいれるんだよ

俺たちの家だろ
ジミン
あ、ヒョン
ミンジュン
おじゃましてまーす
ホソク
帰ってくんない?
トユン
ホソク先輩こわーい
ソユン
優しい人だと思ってたのにねー笑
ホソク
黙んねぇと殴るぞ
ホソクは普段はすごく優しいけど

きれたらすごく怖くなる

特に大切な人が傷つけられた時とか
ユンギ
ホソク。落ち着け
ジン
○○とテヒョナ目覚ました
だから1回帰ってきた
グク
テヒョナ。よかった
ジミン
ほんとによかった
ほらね。○○の名前は言わない
ナムジュン
ソユン達帰ってくれないか?僕達休みたいんだ
ソユン
えーなんでー?
トユン
てか○○も目覚ましたんだ笑
ミンジュン
うざいね笑
ジミン
また傷つけようとしてくるんじゃない?
グク
テヒョナの事傷つけてたりして
こいつら。黙って聞いてれば調子に乗りやがって
俺は限界だった


ホソク
お前らいい加減にしろよ。
ジミン
え?
ホソク
今までずっと過ごしてきた家族だろ!!
ホソクがジミナとグクを殴った
グク
っ…。いって
ジミン
なにすんだよヒョン!
ホソク
は?こんなの○○の傷に比べれば痛くもないけど
ホソク
それにもうヒョンって呼ぶなよ
俺お前らのこともう家族と思えねぇし
ナムジュン
おい。ホソク
ホソクは部屋に行ってしまった
ジン
お前ら覚えとけよ。
いつか必ず痛い目見るから。
ユンギ
…。
ユンギが椅子を蹴って

俺たちはホソクの後を追いかけた