無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第151話

150話
○○side
私は公園に向かった


みんなが仲良かった頃そこの公園が私たちのたまり場みたいなとこだった


公園につくと弱そうなヤンキーがいた


だけど今はそんなことどうでもいい


よく私たちがいたブランコの所に行こうとした
ヤンキー
おいなんだよお前。勝手に俺らのたまり場入ってきてんじゃねぇよ
ヤンキー2
何無視してんだよ
○○
うるせぇ…
ヤンキー
は!?聞こえねぇよ
ヤンキー2
お前いい加減にしないと殺すぞ
○○
殺す?笑笑
やってみろよ。
ヤンキー
なんだこいつ女のくせに
どいつもこいつもうるせぇんだよ


黙れや。みんな死ねよ。なんで生きてんだよ。


絡んでくんなよ。うぜぇんだよ。お前が死ねよ。
ヤンキー2
っ…。こいつ強
○○
あはははは。弱すぎだねぇぇぇ
ヤンキー2
こいつ頭狂ってる…
ヤンキー
おい。逃げるぞ!
○○
えー。なにー?逃げるー??
行かせねぇよ。
私を愛してくれる人はいない


私は孤独


誰でもいい


私を愛して__