無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第155話

154話
ユンギside
明日は○○の手術の日


ジン
おいユンギ…
ユンギ
なに?
ジン
なんで素直になんねぇんだよ
ジミン
ソユンに脅されてるだけでしょ?
グク
本当のこと話してよ
俺はジン達に全てを話した
ジン
そんなことで○○を捨てたのかよ!!
ユンギ
そんなこと!?○○が傷つくかもしれないんだぞ!
ジミン
ヒョン。○○ならもう傷ついてます
グク
そうですよ。ユンギヒョンに捨てられた。それは○○にとって1番の傷です。
ああ。なんで俺はそれを考えなかったんだろう
ジン
逆に○○に同じことされたらお前どう思うんだよ
ユンギ
辛い…泣
ジミン
でしょ?大丈夫だよヒョン。
グク
ヒョンでも充分○○を守れるよ
ユンギ
え…
ジン
だから言ったじゃん!○○を守れるのはお前だけだって!
俺。また○○の所に行ってもいいのかな?


お前なんて嫌だって言われるんじゃないか


何回も裏切ってしまった。


○○は信じてくれるのかな
ジン
明日2時から手術だよ○○。
その前に一緒に病院に行こう
ユンギ
…うん。
いやいい。たとえ許してくれなくても信じてくれなくても


○○に会いたい


会って謝ることさえできれば俺はそれでいいんだ。