無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第116話

116話
次の日

○○side
今日は私とテヒョナの外出許可もらえたからユンギオッパとホソクオッパに会える
ジン
○○!テヒョナ!迎えに来たよー!
テヒョン
ジミナ達は?
ジン
家にいるよ!
ナムジュン
よし。帰ろっか!
ジンオッパとナムオッパとテヒョナと一緒に久しぶりに外に出た


ジンオッパは私の車椅子を
ナムオッパはテヒョナのをおしてくれていた
○○
眩しい〜
テヒョン
目が〜
ジン
てか○○軽すぎん!?
○○
だってずっとご飯食べてなかったもん!
ナムジュン
テヒョナもすげー軽いよ!
テヒョン
俺もたべてなかったもーん!
やっぱりみんなといると楽しいな

色々話しながら歩いてたらあっという間に家に着いた
ジン
○○。テヒョナ。
ユンギとホソクはほんとにひどいからね。もし殴られたりしたらあれだから俺はついて行くよ。
ナムジュン
あ、てか車椅子が入るほど部屋大きくなくないですか!?
ジン
それはー…俺たちがおんぶしよ!
ナムジュン
あ、そうですね!

結構緊張するな


ユンギオッパ、ホソクオッパはやく会いたいよ