無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第183話

180話

○○side




海につくとユンギオッパが海を眺めていた




私は急いでそばに行った

○○
オッパ!私をおいて行かないでよ…。
ユンギ
え?何言ってんだ?笑
○○
え…?だ、だってオッパ達が…
ユンギ
あいつら余計なこと言ったんだな…
○○
え?
ユンギ
あのさ。聞いてほしいことがあるんだけど
○○
うん?

笑顔だったユンギオッパが急に真剣になるから




嫌な話だったらどうしようと不安になる


ユンギ
ちゃんと俺の口から言えてなかったからさ、
ユンギ
○○。たくさん傷つけて裏切って本当にごめんな。
だけどもう二度とお前を裏切らないよ
ユンギ
だからさ…その、

そう言って顔を赤くするオッパを見て私は




涙がでてきた、
ユンギ
え!?なんで泣いてんだよ、

そう言って優しく抱きしめてくれるオッパ




ごめんね、止めようと思っても止まらないの



ユンギ
○○…。誰よりも愛してる

そう言って深呼吸をしたオッパは
ユンギ
付き合ってください。
○○
はい…泣

ユンギオッパは笑顔になって




私を思いっきり抱きしめた

ユンギ
ありがとう○○。


そう言って私にキスをした




久しぶりのキスで幸せすぎて




この時間がずっと続けばいいのに




そう思った__