無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第105話

105話
○○side
目を覚ませたのはすごく嬉しかった


だけど体がすごく痛い


きっとテヒョナもだろうな
看護師
点滴の交換にきましたー
ジン
あ、看護師さん!2人とも目が覚めました!
看護師
え!?わかりました!
点滴の交換が終わったらすぐ先生を呼んできます!
ジン
ありがとうございます!
看護師
よかったですね2人とも^^*
○○
はい!これからもお世話になります。
テヒョン
俺もお世話になります!
看護師
はい!終わったので先生呼んできますね!
痛くて重たい体を起こそうとしたけど辛くて動けなかった
ジン
あ、○○俺が起こすよ
そう言って体を起こしてくれた
テヒョン
ヒョン。俺も起こしてもらってもいい?
やっぱりテヒョナも痛いんだ
ジン
全然いいよ!
テヒョナの方を見るとにこって笑っていた


私も笑い返して
○○
テヒョナ細すぎ笑笑
テヒョン
○○もね?笑笑
○○
ねぇオッパ鏡ない?
ジン
鏡?あるよ?
○○
貸して?
ジン
うんいいよ!
私は鏡で自分の顔を見た

○○
なにこれ笑
そこにはやせ細って痣だらけの女の子

これほんとに私?笑
ジン
○○…。
テヒョン
○○俺にも貸してよ
○○
うん…
テヒョナに鏡をわたした
テヒョン
○○…。落ち込むことないよ
俺だって○○と同じだから2人で治そうね
○○
うん。ありがとうテヒョナ
テヒョナがいてくれてよかった

はやく2人で治そうね