無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第131話

131話
○○side
その幸せは結構続いた

私とテヒョナは地道に回復していき明日はついに退院できる
テヒョン
○○ー。寝ないのー?
○○
はやく退院したすぎて眠れない(  ˙-˙  )
今は夜中の1時

だけど楽しみすぎて全然寝れない!!
テヒョン
あ、てかさ。退院できるけど○○病気の方は?
○○
あーなんかね1ヶ月様子みて大丈夫そうだったら手術なんだってさ。
テヒョン
じゃあそれまでは通院てきな?
○○
そんな感じ!検査地獄って看護師さん言ってた
テヒョン
え、なにそれ
○○
最悪だよね(  ˙-˙  )
テヒョン
それは最悪だわ笑笑
○○
ねぇ喉乾いた。ジュース買いに行かん?
テヒョン
え……いいけど…
って廊下にでたのはいいんだけど……
○○
ちょっと!怖すぎない?
テヒョン
○○のばかー!ちょっと今だけ手繋ご!ユンギヒョンごめんなさい……
○○
兄妹なんだからいいしょや!笑
看護師
なにしてるの?
○○
ぎゃーーーーー!!!
テヒョン
おばけぇー!!!!
看護師
誰がおばけだ!
○○
あ、看護師さんだ…驚かせないでよー!
看護師
あ、○○ちゃんとテヒョン君じゃない!
テヒョン
ちょっと自販機に…
看護師
あ、そうなの!うるさくしないでよー?他の患者さん寝てるんだからね!
○○、テヒョン
はーい!
それから自販機で2人ともコーラを買って無事部屋に帰還
○○
やっぱコーラはおいしいわー
テヒョン
コーラは命を救うよ!
○○
よし!そんなことよりゲームしよー!
テヒョン
今からゲーム!?
○○
朝まで付き合いたまえ
テヒョン
はいはい…