無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第145話

144話
ホソクside
ホソク
○○ー!ほら行くよ!
ジミン
どこ行きたい?
○○
んー。まずは映画!
○○の笑顔が段々戻ってきた気がする!


○○は暗い顔より笑ってる顔が1番いい


ユンギヒョンとソユンは許せないけど


今はそんなことより○○を元気にさせることが先だと思う


俺達がいるよ○○。1人じゃないから大丈夫だよ。
ジン
なんの映画がいいー?
○○
みんながみたいのでいいよ!
グク
じゃあ最近でたホラー映画がいい!!
ホソク
え(  ˙-˙  )
○○
グクそれはやめよ?(  ˙-˙  )
グク
やだ!ほら行くよー!
ナムジュン
強引だなー笑笑
グク
ほらヒョン達もはやくー!
ジン
え、俺も!?
グク
あたりまえじゃないですか!
それで始まったホラー映画


もう俺と○○とジンヒョンは叫びまくりだよね
テヒョン
ちょっと!3人とももう少し静かに叫んでよ!
○○
だってー…泣
今はもう終わってお客さんがほとんど出て行っている時だった
ホソク
あれは人間のみるものじゃないよー…泣
ジン
怖かった………
泣いてる○○も可愛い


○○を見ると俺は自然と笑顔になった
ジミン
ちょっとヒョン!笑うか泣くかどっちかにしてよ!
ホソク
ナムジュナ〜泣
ナムジュン
鼻水つけんなよ!
やっぱみんなといると楽しい


○○も笑ってくれてるし


ユンギヒョンがいればもっといいのにな…