無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第59話

59話
ユンギside
○○。どこに行ったんだよ。


俺は走りすぎて体力が限界にきていた、
空を見たら綺麗な月


あの時もこんな綺麗な月だったな











________________
○○が中1でユンギが中3の時



俺と○○は2人で夜の散歩にでかけてた
○○
今日すごいあったかいね!
ユンギ
そうだな
○○
私ねジンオッパ達もすっごい大好きだけど
ユンギオッパといるとすっごい落ち着く(*^^*)
ユンギ
そーなのか?////
こんな可愛い子にそんな事言われて照れないわけがない
○○
オッパのお嫁さんになる人羨ましいなー!
ユンギ
お前は幼稚園児か笑笑
○○
違います!
俺は○○がお嫁さんだったらいいのになって思った
けどそんな事恥ずかしいから言えない
ユンギ
月綺麗だな
○○
ね!!すっごい綺麗!



___________________
あれ?あそこにいるのって…
俺が見上げていたすぐ近くのビルの屋上に○○がいた
ユンギ
○○!!
はやくしないと。○○が!

俺は最後の力を振り絞って走った






バンッ!
ユンギ
○○!○○!!
あれ…なんでいねぇんだよ

もう家に戻ったのか、俺とすれ違ったのに俺が気づかなかったんだな


絶対そうだよな
ユンギ
あれ?これ○○の携帯…
携帯忘れてったのか、わたしてやんねぇと





帰ろうとした時
電話がきた
ホソク
ユンギヒョン!!!!
○○が!泣
ジン
ホソク落ち着け!貸して!
もしもしユンギ?
ユンギ
どうした?
ジン
△△ビルの下にはやくきて!!!
○○が飛び降りたんだ。
嘘だろ。