無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第86話

86話
ホソクside
目を覚ましたらジンヒョンとナムジュンの話し声


腕には点滴


あー。俺たおれたのか
ナムジュン
2人とも今は寝てます。
また目を覚ますかどうかわからない状態って言ってました
ジン
そっか…
ユンギは?
またか。また目を覚ますかどうかわからないんだ

なにもかも嫌になってきた
ナムジュン
ホソク?目覚ました?
ホソク
うん
ジン
大丈夫か?
ホソク
はい


○○とテヒョナにあんな事したやつを

俺の大切な家族を傷つけたやつを

俺は絶対許さない
ジン
ホソク。お前の気持ちはわかるよ
絶対見つけような
ナムジュン
1人で抱え込むな
みんな同じ気持ちだから。
あー。ヒョンとナムジュンはさすがだな
ホソク
はい…泣

○○。テヒョナ。
お兄ちゃん達はずっと待ってるからね