無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第104話

104話
グクside
朝起きたらグループLINEにジンヒョンからメッセージがきてた


○○達になにかあったのかと思って急いで見たら
グク
え!?
俺は急いでジミナとナムジュンヒョンを起こしに行った


2人とも飛び起きてすっごい速さで準備をした
ナムジュン
ホソク!○○達目覚ましたって!
ホソク
何嘘言ってんだよ話しかけんな
ジミン
ユンギヒョン!○○達目覚ましましたよ!
ユンギ
うるせぇな。勝手にドア開けんなよ
失せろ
グク
ちっ。もういい!ヒョン、ジミナ行こ!


ホソクヒョンとユンギヒョンは俺のせいであーなったけどイライラしかしなかった


俺は○○とテヒョナに会える喜びでいっぱいで病院に向かって走っていた
ジミン
あ、おい!グク!
ナムジュン
ジミナ僕たちも走ろ!
はやくあいたい!!