無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第149話

148話
ユンギside
ユンギ
別に。てかきもいからやめてほしい
俺は最低だ


○○が泣きながらそして笑顔で


「愛してる」って言ってくれたのに


俺からでた言葉は「きもいからやめてほしい」だった


○○は家から出て行った


テヒョナも俺を睨みつけながら出て行った
ジン
お前。そろそろ素直になったら?
ユンギ
え。
ホソク
全員。いや、○○とテヒョナ以外は気づいてますよ
ジミン
ヒョンが嘘ついてるって。
グク
ヒョン。辛そうなヒョンは見たくないです。
ヒョンも素直になって幸せになってください
ナムジュン
今からでも遅くないよ。
ユンギ
いいんだ。それよりはやく○○を見つけてあげて
ジン達も○○達を追いかけに行った


家に1人


俺は孤独だ


「今からでも遅くない」本当にそうかな?


俺は最低なことをしたんだ


許してもらおうなんて思わない


ただ○○が幸せだったら俺はそれでいいんだよ