無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第88話

88話
ホソクside
ジンヒョンの言葉で○○達の所に行く事になった



はやく○○達にあいたい



病室のドアの前に来た
ナムジュン
あけるよ?
ユンギ
………。
ジン
うん。
ドアを開けて入って行くと
ホソク
……。
言葉を失った



顔や腕には痣がたくさんで呼吸をするのも苦しそう



俺は家族を守れなかった



もうなにもかもどうでもいい
ナムジュン
あ、おいホソクどこ行くんだよ
俺は無視して病室をでた