無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

52話!
その日はもう大人気バンド、『FLOWER』の話で
持ち切りだった。
新メンバーが可愛いとかどうとか。
実はメンバーの彼女だとか、
くっだらない噂で持ち切り。
そして、神田くんは寝不足なのか昼休みは寝てた。
あ。アンチ退治だと察する私達。








そして、土曜日。
『LI◯E』


FLOWER
真田 楓
真田 楓
今から行きます☆
芹川 樹
芹川 樹
俺ももうすぐ着きまーす!
三鷹 雪
三鷹 雪
樹と向かってます。
碧未 翔
碧未 翔
俺は大和とー。もうすぐ着く。な?
神田 大和
神田 大和
あぁ。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
おう!
紫夜 (you)
紫夜 (you)
来んな☆
紫夜 (you)
紫夜 (you)
と言いたい所だが仕方あるまい。
真田 楓
真田 楓
カンシャシテルヨ。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
嘘つけアホ(笑)
三鷹 雪
三鷹 雪
珍しいね、大和と翔なんて。
神田 大和
神田 大和
歩いてたら背の高いヤツ見つけたから。
碧未 翔
碧未 翔
あっさりと嫉妬してね?(笑)
真田 楓
真田 楓
あ。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
え?
三鷹 雪
三鷹 雪
真田さんと大和達を見つけた。





ここで、途切れて
ピーンポーン♪
あ、♪がついたな。
押したのは楓か。
ため息まじりにドアへ向かいドアをあける。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
いらっしゃいまっせー。
真田 楓
真田 楓
おっ邪魔しまーっす!
紫夜 (you)
紫夜 (you)
貴様は毎日の如く来ているであろうが…
三鷹 雪
三鷹 雪
お邪魔します。
これ、俺と樹から。
入り際に三鷹くんから渡される。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
わっ、お菓子!?
ありがと!
芹川 樹
芹川 樹
お邪魔しまっす!
家来させてもらっちゃうからねー!
碧未 翔
碧未 翔
お邪魔しゃーす。
お、それなら俺と大和からも。
はい。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
うぉ、
手渡され、中身を見ると
紫夜 (you)
紫夜 (you)
…アイス!!NICE!!
神田 大和
神田 大和
お邪魔します。
暑いから。早く冷凍庫に。
はい、皆様。いつもね、季節言わなかったけど、
今はね、春なんだよ?
でも暑い、今日は特に。
夏並みだと天気予報で言っていた。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
うん、そうする。
真田 楓
真田 楓
あっ、あなたー!
ジュース買ってきたから冷蔵庫いれるよー!
紫夜 (you)
紫夜 (you)
はいはい、ありがとさん。
みんなから買ってきてもらったお菓子を冷蔵庫に。
アイスは冷蔵庫へ。
碧未 翔
碧未 翔
暑いなぁ~今日は特に。
真田 楓
真田 楓
うんうん、溶けるわ。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
室内にいたんで(笑)
三鷹 雪
三鷹 雪
だけど、涼しいね。
室内は。
神田 大和
神田 大和
まぁ、家の中だからな。
芹川 樹
芹川 樹
あっ!ここで、勉強するのー!?
芹川くんが指差すとこは、
まぁただのリビング。
テレビとソファーの間に6人入る大きなガラス張りの机を用意した。
真田 楓
真田 楓
うひょー!勉強しやすそ!
神田 大和
神田 大和
わざわざ?
紫夜 (you)
紫夜 (you)
だって、6人もいるじゃん。
三鷹 雪
三鷹 雪
気遣いさせて申し訳ないな。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
気にしないで。
碧未 翔
碧未 翔
うわ、絨毯もふもふ。
俺寝れる。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
おぉ、寝たら蹴るから。
碧未 翔
碧未 翔
やめよう。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
あ、飲み物用意するよ。
冷蔵庫には楓の買ってきたデカイペットボトルが何本も。


それに、お茶やらなんやらいっぱいある。
真田 楓
真田 楓
私、炭酸ー!
芹川 樹
芹川 樹
俺、コーヒー!!
三鷹 雪
三鷹 雪
お茶で。
神田 大和
神田 大和
僕もお茶。
碧未 翔
碧未 翔
俺はオレンジジュース~
紫夜 (you)
紫夜 (you)
奇遇だわ~私もオレンジにしよー。
って、芹川くんコーヒーなんか飲めるんだ。
甘党イメージしか浮かばん…
飲み物をコップに入れて運ぶ。
三鷹 雪
三鷹 雪
さて、何から勉強する?
碧未 翔
碧未 翔
樹は何が一番ヤバイんだよ。
芹川 樹
芹川 樹
国語ですね、ハイ。
いつもちょっと何言ってるのか分かんない。
神田 大和
神田 大和
それを理解できてないっていうんだよ。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
(笑)(笑)(笑)
真田 楓
真田 楓
じゃあ国語やろうか(笑)(笑)




こうして、勉強会が始まったのであった、