無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

34話!
真田 楓
真田 楓
神美味い…
芹川 樹
芹川 樹
何このソースとの絡み具合…
三鷹 雪
三鷹 雪
おいし…
碧未 翔
碧未 翔
やば…めっちゃうめぇ…
神田 大和
神田 大和
凄…何これ…
私の作ったパスタ、褒めるの嵐(笑)
紫夜 (you)
紫夜 (you)
ありがとー。
芹川 樹
芹川 樹
俺通おうかな。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
え、ヤダ。
三鷹 雪
三鷹 雪
いや…でもお店レベルだよ?この美味しさは。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
三鷹くんまで!?
碧未 翔
碧未 翔
おかわり!
紫夜 (you)
紫夜 (you)
はやっ!はい、どーぞ。
碧未くんは、もうがっつく程ばくばくと食べてる。
真田 楓
真田 楓
あはは(笑)碧未くん食べるねぇ…(笑)
神田 大和
神田 大和
昔からそうだな、コイツは。
碧未 翔
碧未 翔
ふぁ!?ふぁんはほぉ!?あぁ!?何だと!?
三鷹 雪
三鷹 雪
翔、何言ってるか全く分かんないから。
芹川 樹
芹川 樹
あぁ!?何だと!?って言ってるよ?
紫夜 (you)
紫夜 (you)
分かるのかよ!?
碧未 翔
碧未 翔
ごくん。
碧未 翔
碧未 翔
大和は食べなさすぎじゃないの?
神田 大和
神田 大和
僕は必要ないからね。
真田 楓
真田 楓
あなた~まだあそこって、ある?
紫夜 (you)
紫夜 (you)
唐突ですねぇ。…あるけど~あんま使いたくないんだけど?
真田 楓
真田 楓
今日だけ!
紫夜 (you)
紫夜 (you)
はぁ…仕方ないなぁ、
真田 楓
真田 楓
っしゃ!
神田 大和
神田 大和
??
碧未 翔
碧未 翔
??
芹川 樹
芹川 樹
??
三鷹 雪
三鷹 雪
??
紫夜 (you)
紫夜 (you)
あ、まぁ、見れば分かるよ。
真田 楓
真田 楓
みんな、食べ終わった?
男子四人が、コクリと頷く。
真田 楓
真田 楓
じゃっ!行こう!
三鷹 雪
三鷹 雪
どこ指差してるの?そこはタンスだよ?
芹川 樹
芹川 樹
楓ちゃんまさか馬鹿!?
神田 大和
神田 大和
樹じゃないから違うよ。
碧未 翔
碧未 翔
馬鹿はおめーだろ?
芹川 樹
芹川 樹
酷い!二人とも!
紫夜 (you)
紫夜 (you)
さぁ、行くよ?
三鷹 雪
三鷹 雪
何かあるの?
紫夜 (you)
紫夜 (you)
うん。
私はタンスに手をかけて、ちょっとした仕掛け。
タンスの二段目を開けて
奥にある出っ張りを回す。
そして、一番上を開け、左の出っ張りを押す。
すると。




ギィィィィ




ガタンっ
三鷹 雪
三鷹 雪
…ぁ?
芹川 樹
芹川 樹
えぇ!?うわぁ!?
神田 大和
神田 大和
は…?
碧未 翔
碧未 翔
なっ…!
四人ともポカンと口を開けている。




まぁ、そりゃそうか。
なんせ、隠し部屋が目の前にあるのだから。
三鷹 雪
三鷹 雪
なっ、
芹川 樹
芹川 樹
なっ、
男子
何これぇぇぇ!!!?
真田 楓
真田 楓
わぁ、久しぶり♪
真っ先に楓が入る。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
楓、今日だけだよ?
真田 楓
真田 楓
はーい、はーい。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
分かってますよね?(ニッコリ
真田 楓
真田 楓
ひいぃぃぃ、はいはい!
殺気だしつつね、笑顔にね。
神田 大和
神田 大和
てか、これは…
碧未 翔
碧未 翔
スタジオ!?
真田 楓
真田 楓
ピンポーン!その通り!
紫夜 (you)
紫夜 (you)
それ我の台詞ですよ?楓さぁん?
真田 楓
真田 楓
えぇ?(笑)
芹川 樹
芹川 樹
す、凄い…!金持ちか!
三鷹 雪
三鷹 雪
隠し部屋なんて…!しかもこんなに広いスタジオ…!?
紫夜 (you)
紫夜 (you)
あはは…死んだ母が、バンドやっててね(笑)父が、建設業やっててさ。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
作ってた(笑)
神田 大和
神田 大和
(笑)って…そんな簡単なことなの?
真田 楓
真田 楓
いやいや(笑)
芹川 樹
芹川 樹
何で、使わないの?
紫夜 (you)
紫夜 (you)
んー…まぁ、親が死んでからなんか思いだしちゃうっていうのもあるんだけどね。
芹川 樹
芹川 樹
…(゜ロ゜;!?ごめん!
何か察した様に謝る。
紫夜 (you)
紫夜 (you)
気にしないで💦
三鷹 雪
三鷹 雪
でも、無理しない方がいいんじゃ?
碧未 翔
碧未 翔
あぁ、変なこと思いだしたらやだろ?
紫夜 (you)
紫夜 (you)
大丈夫大丈夫。もしいいなら、演奏してく?
男子
えっ!?✨
真田 楓
真田 楓
目ぇ、キラッキラだよ?
紫夜 (you)
紫夜 (you)
うんうん。(笑)
芹川 樹
芹川 樹
んじゃあ遠慮なくっ!
と、みんなが自分のギターやらベースやらを取りに行く。
私もバッグからマイクを出して持っていく。
(チューニング中。)
紫夜 (you)
紫夜 (you)
あ、あ、
うん!オッケー。
母はギタボ。つまりギターボーカル
とっても上手くて、たまにテレビにも出てる程。
そんな母のバンドを小さいころ見ていた。
端の方で、カッコいい大人の背中を見ながら。
今度は私達が。







お母さん、お父さん!





見ててね!




練習だけど。
本気…出すから。
神田 大和
神田 大和
翔、カウント。
碧未 翔
碧未 翔
任せろ。
ダンダンダンダンッ!