無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

自分の部屋
당신_you
あ!
テテ
テテ
ん?
당신_you
急だけど、
당신_you
私の部屋ってあるの…?
ジミン
ジミン
あぁー…
ジミン
ジミン
それね…実はねぇ…💦
당신_you
(まさか、ないんじゃ…)
グク
グク
ないよ
당신_you
…!
テテ
テテ
ごめんねぇ
………
ジミン
ジミン
あれ?
당신_you
(……?!ない?!ないって?!嘘でしょ?!じゃあ私どこで寝るの?!リビング?!まさか!この内の誰かと一緒の部屋で過ごすとか?!いやいやいやいやいやいやいやいや、、、絶対無理いい!!)
ジミン
ジミン
あ、あのぉー?
당신_you
……!
당신_you
ナンデスカッッッ…!
グク
グク
ブハッ…!wwwいやw
당신_you
(え?なんで私笑われてるの?!)
テテ
テテ
ハハハハハwwwヤバい面白いぃw
당신_you
(この状況でなんで笑ってるのぉ?!)
ジミン
ジミン
あ、wあの、w○○ちゃん…ww
당신_you
え…?な、なんですか?
グク
グク
嘘だよ笑
당신_you
え…?
당신_you
ウ・ソ・?
テテ
テテ
うんw部屋がないって言うのw嘘w
ジミン
ジミン
ごめんねぇwそこまで真剣な顔して考えこむと思わなかったからw
당신_you
誰だって考え込むよ!!!!!!!
당신_you
部屋がないなんて言われたら!!!!
グク
グク
www
당신_you
動揺の固まりだよ!!!!
テテ
テテ
www
당신_you
考え込みすぎて誰かと同じ部屋で過ごすのかな?とか色々考えちゃったよ!!!!
당신_you
誰にしよう?!とか考えちゃったよ!!!!
ジミン
ジミン
え?
당신_you
あ、、
당신_you
(なんか言っちゃったぁぁぁぁぁ!!!!!!!)
グク
グク
部屋がなければ僕達誰かと一緒の部屋で過ごす気だったの?
당신_you
え、、いや、、その、、それは、
テテ
テテ
………。
당신_you
テテ…?
テテ
テテ
じゃあ○○の部屋無くていっか!!!
ジミン
ジミン
うん!!!!
グク
グク
なくていいやぁ
당신_you
え?!なんで?!
テテ
テテ
だって○○僕の部屋来て欲しいからぁ
당신_you
へ…?
ジミン
ジミン
違うよ!○○は僕の部屋に来るんだよ?
グク
グク
え?何?僕の部屋だし
당신_you
え?!
당신_you
(あっ!まさかさっき私が言った、部屋がなかったら誰かの部屋に行くって言ったこと話してるの?)
テテ
テテ
○○僕の部屋来て?
ジミン
ジミン
え?僕の部屋来て?
グク
グク
僕の部屋来るよね?
당신_you
え、あ、あの、
당신_you
あれは…動揺しすぎてなんかかってに思っちゃっただけで…
당신_you
本気で言ったわけじゃなくて…
テテ
テテ
そうだよねぇ
ジミン
ジミン
だよねぇ
グク
グク
ですよねぇ
당신_you
(え?なんかもう終わったの?)
당신_you
あ、部屋教えてもらえる?
テテ
テテ
あぁー
ジミン
ジミン
うん
グク
グク
じゃあ僕が連れてくよ
당신_you
お願いします。[わざと敬語]