無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#1 パ ー テ ィ ー
今日はパーティーか、
パーティーの出席は週に1度はある。

まぁあいさつだけならいんだけどね。
あなた〜、どっかよって帰ろ〜
彩はわたしの中学からの友だち、
彩も大手化粧品メーカーのお嬢様。
あなた

ごめん!今日はパーティーに
いかなきゃいけないの、

おっけ〜
じゃあまたあしたね〜
あなた

はーい!またね〜

彩とカフェでもいきたかったな...
あなた

ただいま〜
神村〜!パーティー何時から?

神村
おかえりなさいませ。
6時からになっております。
5時40分には車をまわしますので、
エントランスにおねがいします。
あなた

わかった、ありがとう。
結衣ちゃん呼んでくれない?
メイクとヘアメイクおねがいしたいから

神村
かしこまりました。
ドレスはこちらで用意しているので
結衣さんに預けます。
結衣ちゃんはわたしのメイドさん。
結衣ちゃんはお化粧とかヘアメイクが
すごく上手。
あなた

うわぁぁ〜♡なにこれかわいい♡

ドレスにきがえて、
メイクとヘアメイクをしてもらって
パーティーへ出発した。




ツヅク