無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

#5 や さ し い ?
〜 翌 朝 〜

頭いた〜、学校の準備しよ〜と!
神村
かさがないときは必ず
連絡してくださいね!
では車だしておきます。
あなた

分かった!分かった!

そうだ、
今日はパパから流星くんへの伝言がある。
生徒会室行かなきゃ、
あなた

失礼しま〜す。
1年生の北村あなたです。

生徒会メンバー
え!?!!!
流星の婚約者!?!!!
あなた

あ、いやまあそうなんですけど、
知ってるんですか?!

生徒会メンバー
流星から聞いたよ〜
仲良しなの?あっ!ごめん!
なんか用あった?
あなた

流星くんにパパから伝言があって、

生徒会メンバー
流星〜!婚約者さん来てるよ〜
流星
あ、あなたか、なに?
あなた

パパからの伝言で
明日でも2人で食事できないかだって
はい。これパパの番号。

流星
ありがとう。
また連絡させてもらうと伝えといて。
あなた

わかった。じゃあ。

生徒会メンバー
ええええぇ!まって!
いちゃいちゃとかしないの!?
あなた

いやしませんよ、
ではこれで失礼します。

流星
じゃあね。また。
なんか立ってられない。
視野がどんどん暗くなってく、
前が見えない、?
生徒会メンバー
なんかろうかで音しなかった?
ろうかにでると、あなたが倒れていた。
生徒会メンバー
流星!!流星!!
ねぇ!婚約者さんが!!!
流星
え?!おい!おい!あなた!
うわ、ここどこ?
流星
おい!大丈夫か、
あなた

うわぁぁ、なに!?どこ!?

流星
俺ん家だ、倒れてたんだ。
生徒会室のまえで、
あなた

あ、あぁ?はい。

流星くんがたすけてくれたんだ、

ってかここにいてくれたんだ、
案外やさしい?、

流星くんの部屋なんかすごいな、

まぁいっか、




ツヅク