第29話

高熱の日。
あなた
ヘックシュン
あなた
あ”ー
カンタ
どしたー?
あなた
頭いだいしクラクラするぅー泣
カンタ
んー、どれどれ、
私のおでこを触ってくる
カンタ
うわっ、熱っ、
カンタ
熱あんじゃないの?
あなた
ん”ー、
カンタ
ほらほら測ってー

そう言って体温計を持って測ってくれる。
カンタ
うわっ、めっちゃ熱あんじゃん、
あなた
あ”っつ”い”ー泣
カンタ
んー、辛いねー、


プルルルル
カンタ
トミー?
トミー
んー?
カンタ
あなた高熱でさ、編集頼んでもいい?
トミー
あーいーよー
カンタ
ごめんね!
トミー
全然!そばにいてやれよー?
カンタ
もちろん!!ありがとう!
トミー
はいよー!

プーップーッ
カンタ
ちょっと横になろ?ね?
あなた
ん”ん”ー
お姫様抱っこでベットへ。
カンタ
冷えピタ貼るよ?
冷えピタを優しく私のおでこへ貼ってくれる。
あなた
冷たい…
カンタ
だよね笑
優しく私の事を寝かせてくれる。
カンタ
ちょっと待っててね
あなた
ん”ー

どこかへ行ったと思ったらゼリーやポカリやらを持ってきてくれた。
カンタ
なんか食べる?
あなた
ゼリーたべるぅ、
カンタ
はいよ

体を起こしてくれてゼリーを食べさせてくれる。
あなた
ん”ー
カンタ
お、食べたね、
カンタ
じゃあ薬飲もっか
あなた
うん、

薬を飲み終わると
カンタ
横になろっか
カンタ
首に腕かけて?

そう言われた通りにカンタの首に私の腕をかける。
カンタ
よいしょ、

そして横にしてくれる。
カンタ
ちゃんと寝ないとだね、
あなた
うん、
あなた
ずっといてくれる、?
カンタ
もちろんでしょ

そう言いながら布団をかけてくれる
あなた
手繋いでよ?
カンタ
離さないから安心して
あなた
うん、
カンタ
無理しないでね?

そう言って頭を撫でてくれる。
あなた
うん、おやすみ
私が微笑みながら言うと、
カンタ
おやすみ








そう言ってくれた後私は目を閉じた。











_____________________
作者
ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙
作者
お待たせしましたぁああ(>_<)
作者
リクエストで頂いてたカンタの妄想やっとです、
作者
ほんとにお待たせしましたぁああぁああああぁぁぁ
作者
ほんとにごめんね😭