第20話

屋上.
高校3年の夏。
私は吹奏楽部。
今は友達と部活がないので屋上で時間潰し中です。w



屋上にあるベンチに座って大声で叫んだ。
友達も続いて
その声はグラウンドいっぱいに響いた

あなた
ああああああああぁぁぁ暑い〜!!!!!!

2人で顔を合わせて爆笑してると、
友達
それなぁぁぁぁああああああああぁぁぁ!!!!!!
友達
あ、やべっw
屋上の入口ドアから。
あなた
めっちゃ響いちゃったわw
聞き覚えのある声が。
そら
暑っ、
エイジ
くっそ暑ちぃーよぉー!!!!!
そら
ああああああああ!!!!!!
友達
ねね、
あなた
ん?www
友達
なんか見られてね?w
あなた
あ、ほんとだwwwwwwwwww
友達
wwwwwwwwww
そしてまたツボり始める。
そら
ねね、えいちゃん、
エイジ
なに、そんな小声で
そら
あそこにいるさ、あなたさ、
エイジ
あー2組の女王?
そら
やっぱ可愛いよね、
エイジ
知ってる。
そら
えいちゃん可愛いって思わないの??
エイジ
んー、あなたと俺幽霊部だからさ、
エイジ
そんなになんかもうキュン!とかしねーよw
そら
一緒なんだよね、いいなぁ、
エイジ
なんだよ、あなたのこと好きなん?
そら
うん、
エイジ
俺もだけどねっ
そら
…ん?
エイジ
ほら!練習行くぞ!
そら
お、おう、

そして2人は屋上から出てった。
あなた
あ、行った。
友達
ほんとだ。
友達
あなたさ、えいじくんと部一緒だよね?!
あなた
うん、まぁね
友達
いいなぁ、
あなた
なんで
友達
だってカッコイイじゃーん!
あなた
あ、恋ですか、?!w
友達
そ、そーだよ!wwwwwwwwww
あなた
キャーーー青春!!!!!!w
友達
wwwwwwwwww
あなた
告ればー?w
友達
そうするわwwwwwwwwww
あなた
お!ファイトッ!
友達
ありがとう!!!!!!
あなた
うん!!

ガチャッ
あなた
行っちゃった。
エイジ
やっとだよ
あなた
?!
エイジ
こっち!!
かと思えばドアのある方に呼ばれる。
エイジ
はい捕まえた。
あなた
えっ、

…これは壁ドンだな、


そして一言。










エイジ
…俺はダメ??



____________________
作者
まって、
作者
めっちゃ謎やんw
エイジ
だから!
エイジ
まじちゃんとしろよw
作者
ごめんって!w
作者
ちょっとどうしても書きたい小説あるんで今日出せるよう新幹線より早いスピードで頑張りますw
作者
そんじゃ!バイバーイ!
エイジ
バイバーイ!!!!!!