第27話

修学旅行ー

今回もみんなの推し(好きな人でもなんでも〇!!)を当てはめて読んでくれたら嬉しいです(>_<)


________________


今日は修学旅行



高校生だからほぼ制服デート状態



周りはみんなカレカノばっかり



もちろん私達もだけど





2泊3日、2日目の夜




私達は綺麗な大きい観覧車の見える近くの公園へ。



みんなもう寝る時間だからホテルにいて公園には私達だけ。





あなた、
あなた
ん、?
高校ももう終わっちゃうね。
あなた
そうだね、
あなた
ちょっと寂しいな、
そうだね。
高校卒業したらどうする??
あなた
んー、まだ特には決まってないな、笑
俺はね、
あなた
うん、?

握ってた手を強く握りしめてきて、
あなたと一緒にいたいんだよね。
あなた
うん、
この先もずーっとこの関係が良くてさ、
あなた
うん、
同居も正直したいし。笑
あなた
嬉しいなー、笑
あなた
微妙に照れてるの分かるんだけど、笑
気のせい、それは。
あなた
そっか、気のせいか、笑笑笑
そうです。笑
あなた
はい。笑


こんな一緒にいて幸せな気持ちになれる人はお前しかいないに決まってんじゃんか、笑




あなた俺の事好き?
あなた
お前以外に誰好きになればいーんだよ!!笑
いや嬉しっ笑笑笑
あなた
おい照れんなよー!笑
お前もな?笑笑笑
あなた
はいっ、笑笑笑
でもさ、俺ほんとにお前に告って良かったと思う。
あなた
なんで?笑
いや、お前モテるやん?俺と違ってさ?他の奴にとられちゃいそうで、笑
あなた
いや、お前もイケメンだからね?!
あなた
女子の中では人気なんだからね、?
そかそか笑

頭を撫でながら言ってくれる。
んじゃ部屋戻るか?
あなた
うん!
寒くない?
あなた
うん、大丈夫
よかった、じゃあ行こっか!
あなた
うん!



そして部屋へ戻ろうとした時
待って、
あなた
ん、?

呼ばれたと思って振り返れば優しいキスが。
あなた
んっ、
これで満足。帰ろ!
あなた
うんっ、
照れた?笑
あなた
うん、笑
照れてるとこも可愛いよ笑
あなた
…ばか

これもまた1つの思い出だね。


____________________
作者
ども!
ハナでーす!
作者
ほんとに出せなくてすいません、(>_<)
作者
今部活動で大会が近くて練習時間が多くて書く時間がなくてですね、、
作者
ゆっくり出していきますがどうかよろしくお願いします(>_<)