第39話

さよならの本音 🔞
5,163
2021/05/07 07:57
紫耀side
















髙橋海人
髙橋海人
紫耀…
平野紫耀
平野紫耀
……
髙橋海人
髙橋海人
ねぇ紫耀…聞いて、
平野紫耀
平野紫耀
ごめん、今は聞きたくない
髙橋海人
髙橋海人
っ…




海人ん家に呼び出された





こんなの別れ話に決まってる









俺はまだ海人のことが大好きだから





別れたくないのに…







髙橋海人
髙橋海人
紫耀、
平野紫耀
平野紫耀
…やめて、
髙橋海人
髙橋海人
…別れよ
髙橋海人
髙橋海人
ごめん、俺たち別れよう…
平野紫耀
平野紫耀
…嫌だ
平野紫耀
平野紫耀
海人が好きだ
髙橋海人
髙橋海人
俺だって紫耀のこと大好きだよ…
髙橋海人
髙橋海人
でも、別れよう…
平野紫耀
平野紫耀
なんで…っ、



って、聞かなくても分かってる







海人はやっぱり廉が好きなんだって



気付いただけ













海人との日々が



過去の思い出になる前に






もう一度抱きしめさせてよ…














無邪気に子供みたいなイタズラで





俺のこと困らせていてよ…














もっと、




俺だけに向けた笑顔で



“紫耀が好き” って言ってよ…












平野紫耀
平野紫耀
…わかった
平野紫耀
平野紫耀
でも…最後だって思い切るために、抱いていい?
髙橋海人
髙橋海人
えっ、それは…///
平野紫耀
平野紫耀
本当に最後だから
髙橋海人
髙橋海人
…1回だけ、なら
平野紫耀
平野紫耀
ありがとう




ふわ、と海人をお姫様抱っこして



ベットまで連れて行く













髙橋海人
髙橋海人
…ん、、///…はぁ、/
平野紫耀
平野紫耀
チュ、チュッ
髙橋海人
髙橋海人
っね、跡付けるのは、やだ…
平野紫耀
平野紫耀
…なんで、
髙橋海人
髙橋海人
この前の…廉に見られてた、から、//
平野紫耀
平野紫耀
…今だけは廉の名前出すの禁止
髙橋海人
髙橋海人
っな、んで…//
平野紫耀
平野紫耀
最後だから、だよ
髙橋海人
髙橋海人
…はい、、



俺に中をいじられてる間も




枕で顔を隠して見せてくれない






髙橋海人
髙橋海人
ん、ぅあッ、あぁッ、///
平野紫耀
平野紫耀
顔見せて
髙橋海人
髙橋海人
や…、恥ずかしい、//
平野紫耀
平野紫耀
…可愛すぎんだろ、//
髙橋海人
髙橋海人
ッや//あっ、…ん///
平野紫耀
平野紫耀
我慢出来ねぇ、挿れんぞ
髙橋海人
髙橋海人
ッひゃ///…あッ、ビクビクッ
平野紫耀
平野紫耀
締まりすぎ、感じてんの?//
髙橋海人
髙橋海人
う、っさいッ…///
平野紫耀
平野紫耀
くっそ気持ちいい… パンパンパンッ
髙橋海人
髙橋海人
あッ、んあッ/// しょッ、しょぉッ//
平野紫耀
平野紫耀
おい、こっち見ろ
髙橋海人
髙橋海人
しょう…前も触ってぇ…///
平野紫耀
平野紫耀
触ったらお前すぐイクだろ
髙橋海人
髙橋海人
だめなの…?//
平野紫耀
平野紫耀
イったら終わっちゃうだろ、
髙橋海人
髙橋海人
しょうだってすぐ出すじゃんかぁ…
平野紫耀
平野紫耀
黙ってろ、キスするぞ
平野紫耀
平野紫耀
チュ、クチュッジュル
髙橋海人
髙橋海人
ん、ッぷは、ぁ…
髙橋海人
髙橋海人
ッうぅ…////
平野紫耀
平野紫耀
隠さないで見せろよ
髙橋海人
髙橋海人
あッ、ンはッ…しょ、おッ、///
平野紫耀
平野紫耀
中に出すぞ、ドピュドピュッ
髙橋海人
髙橋海人
ッ〜!//// ビュルッ



腰を掴んで思いっきり奥に出してやった









幸せそうな顔が可愛くて





離したくない








もっともっと俺の物にしたい







こんなんじゃ全然足りない、、












平野紫耀
平野紫耀
じゃあ海人、…帰るね
髙橋海人
髙橋海人
うん、、






泣きたい、って思っても






外は人でいっぱいだから泣けないし、










駅に着いて電車に乗り込むと






近くにいた女性に多分気付かれた











気持ちが晴れなくて







壊れそう、、











さっきまで一緒にいたのに








…海人に会いたい、











俺…愛されたかったんだ、、




















電車に乗る前は



月が見えていた夜空も








気付いたら雨が降り始めていた











俺が降りた駅の先で









傘をさして俺を待っていた人がいた
















「紫耀」









平野紫耀
平野紫耀
……なんで、


.


岸優太
岸優太
…おかえり、




.




平野紫耀
平野紫耀
…なんで、いるの、、グスッ
岸優太
岸優太
紫耀…





岸くんの安心感に







子供のように泣き叫んだ













そんな俺を黙って抱きしめてくれた













平野紫耀
平野紫耀
…きしくぅ、グスッ
岸優太
岸優太
何?落ち着いてからでいいよ?
平野紫耀
平野紫耀
…そんなに、優しくしないでよ、
岸優太
岸優太
…優しくしたら問題ある?
平野紫耀
平野紫耀
あるよ…






.






平野紫耀
平野紫耀
今優しくされたら…
平野紫耀
平野紫耀
…好きになっちゃうじゃん、グスッ


next…

プリ小説オーディオドラマ