前の話
一覧へ
次の話

第2話

初めてを
94
2018/06/08 23:17
何時間経ったのだろう僕はどうやら気絶してしまったようだ
もう、あしの感覚はない
首を下げて足を見ると"ぼく"はやっぱり足の爪を引きちぎられていた。
あぁ今日もあの時間がくる
やっぱりもう月が出ている
もうすぐだ





「ハロー、僕!"ぼく"だよ、今日は少し痛い事じゃなくて気持ちいいことをしようとおもいまーす!」
気持ちいいこと?
なんだそれ?




(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)






どうも作者のひなたともうします!
この先ちょっといや結構なHなとこがでます!



次をおたのしみにー!

プリ小説オーディオドラマ