無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

64
2021/07/06

第2話

✩2








お互いに落ちてしまった本を片付けていたら
私
あ、その本!
キムナムジュン
キムナムジュン
え?
私
イピョンミョン先生の新作ですよね!
キムナムジュン
キムナムジュン
そうです!
どうしても発売日に読みたくて笑
私
実は…





そう言って見せてくれた本は
キムナムジュン
キムナムジュン
あ!お好きなんですか?
私
はい!
繊細な表現ですぐ惹き込まれますよね













イピョンミョン先生の本は…

















世界観はいいけど好きだと言う人は少ない














ちょっと癖があって読みづらいからだと思う











でもそれがまたいい










僕はその癖がある感じを気に入っている









私
大学で読もうと思います!






大学生なんだ
キムナムジュン
キムナムジュン
僕も休憩時間に読もうと思います笑











そんな話をして
私
片付けて頂いてありがとうございます
キムナムジュン
キムナムジュン
こちらこそすみません












この後すぐレコーディングだから戻らないと