無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

55
2021/07/11

第8話

✩8
キムナムジュン
キムナムジュン
はい?
私
この前本屋で助けて…
キムナムジュン
キムナムジュン
あーあの時の!






























そういえば先生の新刊買ってたな
私
よかった!違う人だったらどうしようって笑
キムナムジュン
キムナムジュン
あってますよ笑
私
サイン貰ってきました?
キムナムジュン
キムナムジュン
あ、はい!
私
先生の前で盛大に水こぼしちゃいまして笑
キムナムジュン
キムナムジュン
え?
私
え?
キムナムジュン
キムナムジュン
あなたも?
私
ん?もしかして…
キムナムジュン
キムナムジュン
はい、僕も盛大にやらかしました笑
私
アハハ!本屋と一緒ですね
キムナムジュン
キムナムジュン
なんか触ると物が壊れるんですよね…
私
あー分かります!自分では気を付けてるつもりなんですけど笑
キムナムジュン
キムナムジュン
これからどっかいかれるんですか?
私
あ、実習の合間で抜けてきたんで急いで戻らないと!
キムナムジュン
キムナムジュン
あ、そうだったんですね
私
じゃあ!失礼します!


















この時何故か
















同じ匂いがこの子からして
















話も合うと思って















気づけば
キムナムジュン
キムナムジュン
あの!迷惑でなければ…カトク交換しませんか?
 
















そう口に出していた