無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

63
2021/07/07

第3話

✩3
それからしばらくして






















音楽番組の合間にスマホを見ていたら

















「イピョンミョン先生 サイン会のお知らせ」










この見出しを見た瞬間
キムナムジュン
キムナムジュン
へ?
あのイピョンミョン先生が…
サイン会?







驚いて急に立ったから椅子が倒れた
キムソクジン
キムソクジン
ヤーナムジュナ!
壊すなよ笑
チョンジョングク
チョンジョングク
ヒョン!
どーしたんですか?
チョンホソク
チョンホソク
あ、ナムジュナの好きな作家じゃん
パクジミン
パクジミン
確かその日ヒョンの個人撮影ですよね?












あー行けないじゃん…
キムテヒョン
キムテヒョン
早く終わらせればいいんじゃない?
キムソクジン
キムソクジン
ヤー
急かしたらもっと壊すだろ笑
ミンユンギ
ミンユンギ
午前の俺と変わるか?
キムナムジュン
キムナムジュン
え?いいんですか?
ミンユンギ
ミンユンギ
おう だってそれ15:00までだろ?
チョンホソク
チョンホソク
わ!そしたら行けるじゃん!
良かったね
キムナムジュン
キムナムジュン
ありがとうございます!
今度なんかお礼します
チョンジョングク
チョンジョングク
良かったですね!



























楽しみで仕方なくてワクワクしてたら














ポロッ












音楽番組で使う小道具を壊した











スタッフさん
…なんで?笑
キムナムジュン
キムナムジュン
すみません…