無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

58
2021/07/10

第6話

✩6
キムナムジュン
キムナムジュン
す、すみません











スタッフさんに机を拭いてもらって























はぁー別の意味でご迷惑が…


















てか、反対側もなんか濡れてない?
イピョンミョン先生
いやーさっきね?
キムナムジュン
キムナムジュン
あ、はい
イピョンミョン先生
全く同じことした女性が来てねwww
キムナムジュン
キムナムジュン
そ、そうなんですね笑
イピョンミョン先生
さ、気を取り直してサインサイン!
ね?RM氏!
キムナムジュン
キムナムジュン
へ?


















な、なんで分かって
イピョンミョン先生
ん?なんで分かったかって?
キムナムジュン
キムナムジュン
あ、はい
イピョンミョン先生
娘がファンなんだよ笑
キムナムジュン
キムナムジュン
あ、そうだったんですね!嬉しいです












にしても帽子とマスクしてるしな












あんな世界観書けるだけで凄いのに













もしや先生…人間じゃない?