無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

うそやん
4月

入学早々泊まりでオリエンテーションという大イベント

毎年とても人気らしいが、私は泊まりがそこまで好きではなかった

がしかし

「君、あなた?
多分、一緒のグループだと思うけど」

ある人に声をかけられた

まあまあイケメンで165~166センチぐらいのやつ

おっと?意外に行けるかも

そんな気持ちを抱えつつ

「わたしあなた!よろしくね!」

と、愛想を振る舞う

「俺きょうすけ!仲良くしてな!」

人付き合いのよさそうな人だなと思った



きょうすけはその日の現地巡りのグループで一緒だった

すっごいうるさいけど、内心いい人だった

グループの一人が迷子になっちゃって、大声で叫んで呼んだとき、きょうすけも一緒に叫んで探してくれた

その日初めてしゃべったのに

その日初めて目をあわせて笑い合ったのに

私は一目で恋をした

一目で好きになった

その日初めて知ったのに




これが噂の一目惚れか

そう感じた



これがすべての始まりだった

私の恋の始まりだった