無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

つよ(2)
ビュッ



ラケットの音が広場に響く


ラリー中に私は思わず

「あんた強すぎ!」

と、声に出してしまった

するときょうすけは

「おう」

といって、また集中し始める

結局、私は10点マッチで10対3で負けてしまった

悔しかった私はなにも言わずにその場を去った

へやに戻ってから

「なんで!なんで!なんであいつに負けたの!
なんで!なんで!なんで!なんでなんで...」

と言い続けていたらしい

でも、あのときは本当に悔しかった

もう死ぬかと思うぐらい泣いていた

そのあとの夕御飯の時間もずっとすすり泣きしていたらしい

だか、そのあとみんなで今日の反省会をするとき



コンコン


と誰かが部屋をノックする音が聞こえた


みんな布団を敷いていたので、私が代表して出ることにした

「はい...どちら様でしょうか」

「あ、あなた?きょうすけだけど...外出てこれる?」

「...」

私は外に出た