無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

🌈33🌈
~あなたside~

あれから日に日にお互いの距離が縮まって








前よりも相手のことをもっと意識するようになった












そんな中、この私あなたは、なんと

























ユンギ君に放課後屋上へ呼び出されました。


















うん、ビックリしたよね。







ちな、今最終授業です。


















どんな話なのかな…
























~ユンギside~














今日の昼休み、いつも通り四人でご飯食べた。













で、別れ際にあなたにコソッと伝えた。





































































"放課後ここで待ってる。"