無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

🌈39🌈
あと少しだ…!





ユンギ君、どんな格好かな…♡





いつも制服だし、男子の私服って気になるよね笑





あ、あの人かな…?





ユンギ
ユンギ
あ。
あなた
あなた
あ。
目の前に…ユンギ…君…がいる…





いつもと雰囲気が全然違くて…





なんて言うか、シンプル。





いつもだったら髪の毛はストレートで





目にかかってるけど、今日は





セットしてあって、おでこが見える。





服装は白い無地のTシャツに、デニムパンツ。





人が変わったみたい…





か、カッコイイ…♡





ユンギ
ユンギ
ん?どうかした?






あ、いけない。つい見とれちゃった…





あなた
あなた
あ、その、ごめん!待った?
ユンギ
ユンギ
いやさっき来たとこ。
あなた
あなた
ほんと?よかった…。
ユンギ
ユンギ
ん、じゃあ行こうか。
あなた
あなた
うん!どこ行くの?
ユンギ
ユンギ
んー映画。
あなた
あなた
やったあ!





〜ユンギside〜





今日の朝、楽しみすぎて





どんな服を着ようか、どこに行こうか





なにより…





あなたに会うということにワクワクしてた。





いつも学校では制服だし、





女子の私服はあまり見たことがない。





だから余計に楽しみだった。





あなたがどんな容姿か、想像しながら





待ち合わせ場所で待ってた。





そして、しばらくすると目の前に君が現れた。





いつもと雰囲気が違う君に見とれてしまう。





髪の毛は下ろしてあって、毛先の方を巻いてる。





いつもと違うメイクで、別人みたい。






今日のあなた、なんて言うか…





"すごいエロい。"





初デートから誘ってんのか?って。





まあ、あなたは純粋だから





そんなのわかんねーよな。笑





そんなとこも好きなんだよなぁ。