無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🌈13🌈
キーンコーンカーンコーン🔔



先生
で、では次の授業遅れないように。
ユンギ
ユンギ
チッ)次はただじゃおかねえからな
先生
ッ…
ユンギ
ユンギ
(モナの様子見に行こ)





トコトコトコ👣






到着 in保健室



ガラッ🚪
ユンギ
ユンギ
しつれーしまぁす
先生
あらユンギ君じゃない
モナ
モナ
ユンギ?
ユンギ
ユンギ
モナ!!大丈夫か!?
モナ
モナ
うん。
ユンギ
ユンギ
よかった。
先生
とりあえず湿布貼っておいたから
放課後来なさいね!!
モナ
モナ
はーい
先生
じゃあ授業遅れないように
行ってらっしゃい!!
モナ
モナ
えぇめんどい
ユンギ
ユンギ
それㅋㅋ
先生
モナちゃんはまだしも、
ユンギ君は行きなさいよㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
くっそめんでぃー

ほら、行くぞモナ
モナ
モナ
めんど、じゃあね先生
先生
無理しないのよ!!
モナ
モナ
わかってるー
先生
ユンギ君、モナちゃんよろしく!
ユンギ
ユンギ
ほーいじゃーねー


ガラッ🚪
モナ
モナ
いてててて
ユンギ
ユンギ
え大丈夫か?
モナ
モナ
うん…
キーンコーンカーンコーン🔔
ユンギ
ユンギ
あ、やべ
モナ
モナ
うわ、最悪
ユンギ
ユンギ
やっぱり保健室居ようぜ
体も痛いだろ。どうせ
このあと昼休みだし
モナ
モナ
うん、そうしよっかな
ユンギ
ユンギ
行くか



ガラッ🚪
ユンギ
ユンギ
ただいま
先生
え、また来たの!?
モナ
モナ
さすがに痛い
ユンギ
ユンギ
それにチャイムなっちゃった
先生
そう、まぁいいわㅋㅋ←




.



モナ
モナ
さっきのユンギめちゃ強かった!!

あんなにガチなの初めて見た!!
ユンギ
ユンギ
まぁ、友達を傷つけるやつは
ぜってぇ許さねぇからな。
モナ
モナ
何それテヒョン君に言ってほしい
ユンギ
ユンギ
まぁーたテヒョンかよㅋㅋ
モナ
モナ
カッコいいもん!!!
ユンギ
ユンギ
はいはいそうだなーㅋㅋ
モナ
モナ
とにかく…ありがとう…ユンギ。
ユンギ
ユンギ
お、おう。
モナ
モナ
ま、私だってあなたに
負けないくらい空手強いから
本当はあのヨジャ達に余裕勝ち
だったんだけどねㅋㅋ

(まぁあなたの方が完璧強いけど)
ユンギ
ユンギ
なんだよ、じゃあ戦えば良かったのに
モナ
モナ
そうしたかったんだけどねぇ
ほら、バスケがキツすぎて
体力10%だったから
ユンギ
ユンギ
うん、納得できなくはない
あなたちゃんに
助けてもらえば良かったのに
モナ
モナ
だってさすがにあなたが
ゲームから抜けたら誰でも
気づくでしょㅋㅋ
モナ
モナ
あなたに大丈夫!?って言われたから
うちは大丈夫って言ったけど、

あなたはうちがイジメられてるの
見てそこから離れようとしなかった

助けてくれようとしたの。

でもうちはあなたに助けてもらって
ばっかりだから自分で何とかしなきゃ
って思ったの。
ユンギ
ユンギ
いつもどんなときに
助けてもらうんだ?
モナ
モナ
うちがケガしそうになったり
知らないうちに人のものを落として
壊しそうになったり…

いろいろだよ
ユンギ
ユンギ
お前やべぇな
モナ
モナ
うん…←
ユンギ
ユンギ
でも、今回は助けてもらえば
よかったんじゃねぇのか?
お前、イジメられてたんだぞ
モナ
モナ
そうだね…
いつかあなたに恩返ししなきゃ。
ユンギ
ユンギ
それがいいぞ。
少しずつ恩返ししていけば
いんじゃねぇの
モナ
モナ
そうする…ありがとう…
ユンギ
ユンギ
おう



キーンコーンカーンコーン🔔




ユンギ
ユンギ
んじゃ、昼休みいくかっ
モナ
モナ
うん…











こうして一時間が過ぎた。

















ユンギっていい奴だな…













































































ありがとう、ユンギ。