無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

🌈11🌈
モナ
モナ
(くそっなんなんだよアイツ






現在モナチームにバスケ部が二人もいるので













モナちゃん走り回ってるだけで













どんどん点数が増えていきます。
















相手のあなたチームは唯一














あなたちゃんがくっそ上手いので、












あなたちゃん以外バテてます。←

モナ
モナ
もう無理(;´Д`)ハァハァ
あなた
あなた
モナ動かなくてもいいんじゃない?
結局バスケ部二人が
やってくれるっしょㅋㅋ
モナ
モナ
そうだねここにいるわ(;´Д`)ハァハァㅋㅋ





みんな集中しすぎて











誰が居なくなったなんて














気にしてもいません← ってことは…












ヨジャ達
バンッ叩)お前なんなんだよ
モナ
モナ
痛っ…は?こっちがなんなんだy...
ヨジャ達
バンッ叩)調子のってんじゃねぇよ!!
あなた
あなた
ん?(;´Д`)ハァハァ
え!!も、モナ大丈夫!?
モナ
モナ
あなた、うちは大丈夫だから!!
ね!!だから早くゲーム進めて!!
あなた
あなた
無理だよそんなの。
モナ
モナ
いいっていってるの!!
あなた
あなた
ご、ごめん(ササッ
ヨジャ達
ハッざまぁみろㅋㅋ
モナ
モナ
1人で言っとけよㅋㅋ
ヨジャ達
ボカ殴)だから調子乗んじゃねぇよ!!
モナ
モナ
バタッ倒)…ッ…ぇな…
ヨジャ達
あ?
モナ
モナ
痛ぇつってんだろ!!!(大声
ユンギ
ユンギ
ビクッ)
あなた
あなた
(ビクッ
全員
ビクッ)
先生
(ビクッ
ヨジャ達
ビクッ)