無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

🥕






あなたside















だけどぐうたんは目を逸らしてしまった
















やっぱり気まずいよね…








リサ
リサ
あなた??どうしたの?
You
You
ん?あ、いや
なんでもないよw…











今だけでも














いつもの私でいなきゃ













もう、












私の心臓の音は











何故か早くなっていく一方












よし











謝らないと












ぐうたんが











ちゃんと私の心










受け止めてくれるかな














でも










私の今の気持ちを表してくれたのは











窓の外に見える








あの景色と










全く









同じだった













私は不安でいっぱいだった…