無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

🥕





翌朝










7:00







ピピピピピピピピッッ⏰







ジョングク
ジョングク
んぅーー……




今日はぐうたんが早く起きた








ジョングク
ジョングク
あなたたんー、朝だよー
You
You
んぅーー、……




ぐうたんに揺らされて私は起きた











You
You
腰いったぁ……
ジョングク
ジョングク
あ、ごめんごめんww




だって昨日あんなにさせられたんだもんw











そりゃ痛くなるよww









You
You
もう!こんなんじゃ仕事行けないじゃん!
ジョングク
ジョングク
ごめんって
You
You
もぉ!
You
You
ぐうたんとしない
ジョングク
ジョングク
ええーー、、、






そうしてぐうたんにすこしキツく言った










You
You
ぐうたんのばか!!!
もう知らないし!
You
You
ぐうたんやだ!!
ジョングク
ジョングク
………
ジョングク
ジョングク
分かったよ、
You
You
………






少し言いすぎたかな……











ぐうたんごめん…







ぐうたん怒っちゃった……












こんなこと言いたくなかったんだよ…













本当は…



















ほんとは………








もっとぐうたんとヤリたいの…











もっと楽しく過ごしたいの…









































ぐうたんともっと一緒にいたいの…






------------------














質問コーナー答えまぁす!!














そーだねー…











うちは、けっこう友達と妄想しちゃうのよ笑







やから、もしもこんなんやったらいいなー
みたいな笑そんなことを頭の中で想像してます!!










あとは、沢山他の方たちのお話を読んでお勉強するのです!!!!









え、なんか上から目線で言ったかもしれん…







ごめんなさいっ!












もっと質問答えたいからコメント来てねー!







よろしくん!