無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

615
2021/09/07

第29話

生徒会長の眺め
『アレフ ベト ギルメ!』
『ダレス ヘー ヴァウ!』
『ザイン』
『ケト テト ヨド!』
『我らが主を決す!解散選挙タイマンの開会だ!』
『双方のアピールの後、投票に移ります!』
『制限時間は3分』
『先行は......ロノウェ・ロミエール』
ロノウェ・ロミエール
僕から君達に提案するものはつまり、愉楽だ!
ロノウェ・ロミエール
学園を楽園にしようではないか!
ロノウェ・ロミエール
学生の本分は学びを楽しむこと!
ロノウェ・ロミエール
ロノウェが目指すのは、遊園地!
ロノウェ・ロミエール
夢物語だ、理想だと言われても僕はめげない
ロノウェ・ロミエール
この生涯でめげたことがない!
ロノウェ・ロミエール
つまらないは最も無価値!
ロノウェ・ロミエール
苦しみを誇るな!楽しみを崇めろ!!
ロノウェ・ロミエール
さあ僕と!理想の楽園目指して...
ロノウェ・ロミエール
遊ぼうじゃないか!!
ロノウェ・ロミエール
セイマイネーム!?
全員
ロノウェーーーー!!!
イルマ
すごい声援...!
アスタロト・スモーク
会長の人格を改変し、能力をフル活用して人気を得る
ザガン・ジョニー・ウエスタン
全部ロノウェの手のひらの上だ...
全員
ロノウェ!ロノウェ!
キマリス・キッシュライト
証拠さえあれば...
グシオン・サニー・グレイブ
今はもう信じるしかない...
(なまえ)
あなた
大丈夫です!
(なまえ)
あなた
会長は誰よりも努力をして生徒の事を思っている人です!
(なまえ)
あなた
どんな人格であれ会長に変わりは無いのだから!!
全員
......!
全員
そうだな!/あぁ!
『後攻、アザゼル・アメリ』
アメリ会長
はっい
全員
ロノウェ!ロノウェ!
アメリ会長
わたくしっ、わたくしは...っ
アメリ会長
皆の...
アメリ会長
為に...っ
全員
ロノウェ!
アメリ会長
(やはりわたくしの声では...届かな...)
コロン
アメリ会長
(び、ビー玉...)
(なまえ)
あなた
『守りたいって気持ちが沢山入った魔法のビー玉なんです!』
アメリ会長
......!
アメリ会長
ギュッ
アメリ会長
(私には守りたいって応援してくれる大切な人がいる...!)
全員
ロノウェ!ロノウェ!
アメリ会長
...わたくしは、弱いです
アメリ会長
周りの方々に助けてもらわなければ何も出来ない
アメリ会長
情けなくて、不甲斐なくて......逃げようとしました
全員
ロノウェ!
アメリ会長
でもわたくしを信じてくれる方たちがいた!
全員
ロ(
アメリ会長
その方たちが信じてくれたのは私の欲望!!
全員
ッ!!
アメリ会長
何がしたいのか、ここに立って皆さんの顔を見て...思い出した
アメリ会長
弱いわたくしがなぜ会長の席にこだわり続けたのか、
アメリ会長
それは周りの期待...
アメリ会長
それ以上に!なによりも!
アメリ会長
ここを最高の学校にしたいと望んだからです!
アメリ会長
《貴方たちは生徒である前に悪魔なのです!》
アメリ会長
《悪魔の本質は欲!》
アメリ会長
《与えられた”愉楽”に甘えず!!己の欲望に誇りを持つのです!!》
アメリ会長
《貴方の欲望はなんです!?》
アメリ会長
それに今は、手は届きますか?
アメリ会長
届かぬなら!手を伸ばす術を学びなさい!
アメリ会長
バビルスの野心は悪魔を育む場所であるべきなですッッ
アメリ会長
だからッ
アメリ会長
《もし貴方たちが己の欲をその手に掴みたいのなら...ッ》
アメリ会長
《黙って私の野望に...》
アメリ会長
《ついてこい!!》
全員
ワァアァアァアアァ
アメリ会長
(...頭の霧が晴れたようだ)
アメリ会長
(元に...戻れた...のか?)
全員
オォォオオオォォ!!
ザガン・ジョニー・ウエスタン
会長ーー!
キマリス・キッシュライト
お”お” おおお!
アメリ会長
(みんな泣いている...珍しい光景だ)
アメリ会長
(ロノウェは...ショックで倒れているのか)
ロノウェ・ロミエール
ロロロロロ...
MOB
ロミー様!
アメリ会長
(悪いことをしたな。気が...抜けそうだ)
アメリ会長
(しかし大事な生徒たちに言わねば)
アメリ会長
(苦労をかけたと、もう大丈夫だと...)
アメリ会長
(すぐに...)
アメリ会長
...!
アメリ会長
(ああ、待ってくれ。こんな大事な時に)
アメリ会長
(こんな風に...自覚するものなのか)
アメリ会長
(ありがとうもごめんも、触れるのも笑いかけるのも全部...)
アメリ会長
(お前が1番最初がいいだなんて)
(なまえ)
あなた
会長ーー!╰(*´︶`*)╯
アメリ会長
(━━...あなた...私はお前が好きなのだな)
アメリ会長
(ありがとう。この”ビー玉”が私を救ったよ)