無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

わたしを助けて✋は、は、ははは・・・
ある日男子に人気で可愛くお金持ちの女の子の生徒がいた。その生徒の名前は、ゆりっていうこだ、それをくやしがってるももかがいた。そのももが途中まで友達と帰り一人で家に帰っていた。その時知らない女の人にかけられたのだ…
「知らない女」あのこの石は、ね何でも叶えてくれる石なのだよ。ねだんは、100円だよ。いるかい?
「ももか」これならゆりを何でも好きなふうにできる。ふふふ…