無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ゆりが逃走第2弾
ももか
ももか
遅かったね
ゆり
ゆり
ごめんね。なんか勉強難しくて
ももか
ももか
いいの。私の部屋で待ってて。お菓子持って来るから
ゆり
ゆり
うん。わかった
ナレーター
ももかは、嘘をつきナイフやノコギリなどなど色々な、ぶきを持って行きました。
ももか
ももか
これでゆりをふふふ
ナレーター
それをやっているところをゆり見られ逃げる!
ゆりの心の声
ゆりの心の声
ヤバい何でこんなこと
ゆり
ゆり
ソートソート
ナレーター
ももかが音に気づき
ももか
ももか
ゆり逃げないでふふふ
ナレーター
ゆりは、ももから必死に逃げた
ゆり
ゆり
ここまで来ればわからないでしょ
ももか
ももか
みーつけたー
ナレーター
ゆりをめちゃくちゃにし帰ろうとしたそのときだった
ゆう
ゆう
何してるの?
けいた
けいた
ほんとだよ
ももか
ももか
あんた達も死ねばいいははは
けいた
けいた
ゆう逃げよう
ゆう
ゆう
うん
ももか
ももか
捕まえた
ナレーター
その後ゆうとゆりとたけしがももかに捕まり遺体として発見されももかは、男子の人気者になった