無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

貝殻探し2
18
2020/12/19 14:47
太一
太一
ふっふふん〜🎶
太一は小さなバケツとスコップを持ってキレイな貝殻を探していた
グゥ〜
太一のお腹から音がした

太一は腕に巻いていた腕時計を見ると3時半、そろそろ小腹のすく時間帯だった
臣
太一、そろそろ小腹がすくと思って用意したぞ
太一
太一
わぁ〜ありがとッス!⸜(*ˊᗜˋ*)⸝
臣の手にはクッキーが袋ずめにされてあった
太一
太一
あ〜んっ!んん〜(*´ч`*)
美味しいッスよ!!臣クンは天才ッス
臣
それは良かった
あっ、太一この落ちてる貝殻……
臣は2人のちょうど真ん中にあった貝殻を見てそう言った
太一
太一
ん?あっ!キレイな貝殻ッスね〜✨
太一がキレイと言った理由は
その貝殻の色が大きく4色あって、光の見え方によって、24色あるからだった
臣
これを持ち帰ってみんなに見せような
太一
太一
うん!❀.(*´▽`*)❀.
おやつを食べ終わった
時刻は4時を回っており、貝殻探しも集め終わり2人は少し過去の話をしだした